新年

あけましておめでとうございます。

画像
0

秋風が吹く頃

暮らし 土地柄 空気 その他もろもろの違いか
荒っぽい交通マナー 当たり前のような路上駐車
朝っぱらからコンビニの店内で缶ビールをあおる客

時間が経てば慣れるものもあるけど、そうでないものもあるものだ

いつもいつも、耳障りな関西弁を聞きながら

住めば都っていうが、
こんなとこ都になんかなりゃしない

しかたない
明日もがんばろうと思いながら眠って
夜が明ければ、また日は昇る



最近、こっちでは笑うことがなくなった
笑顔は薬なのにね


夏の終わり

8月も終わりに近づき、朝晩はわりと過ごしやすくなってきた。
ふと気付くと、セミの声も聞こえなくなってきてる。

もうすぐ9月。


タルトも、幼稚園の2学期が始まる。
初めての運動会もあるね。
タルトはもちろん、みんなが楽しみにしてるからね。


今日は、やっちゃんの誕生日
おめでとう
これからの1年、またイイことがたくさんあるといいね。



PRINCESS PRINCESS / one



明日は金曜日
日付が変わり、土曜日には松山に帰ります。

関西地区

画像

1ヶ月ほど、ネットから離れた生活を送ってました。
というのも、7月から勤務地が変わり、いま、兵庫県におります。いわゆる転勤(単身赴任)です。
約1ヶ月ほど経ちましたが、こっちの生活には慣れません。なるべく早く、四国に帰りたいです。
0

もう、20年くらい前かなぁ    - Maybe Tomorrow -

先日、くもさん、ふーちゃんのブログにて、
”泣きたいときに聞く歌”っていう記事を拝見。

自分の場合はなんだろうって考えるが、ここ最近では、想い入れのある曲ってのはない。
なので、ずーっと昔を思い返してみた。


そうすると、思い出に残る曲、記憶に残るアーティストっていうのは
80年代から90年初めにかけてが多い。

当時、学生だった頃、よく聴いてたのが、BOOWY, REBECCA, バービーボーイズ, 甲斐バンド, 浜田省吾など…

BOOWYとREBECCAは、特に好きだったなぁ。



泣ける曲、泣きたいときに聞く曲
REBECCAの 『Maybe Tomorrow』ですね。





REBECCAの中でも、特に心に残る曲です。


REBECCAの魅力は、なんといっても、圧倒的なnokkoの歌唱力に尽きると思います。
ライブでのパフォーマンスと歌声に、切ない歌詞が重なって、、、
この頃、YouTubeでもよく聴いたりするけど、今でもまだ色褪せない楽曲ばかりです。

画像

YouTubeを見てると、懐かしいものがたくさん見れて、
青春時代を、ふと思い出したりしました。


エミフル

画像

7連休の最終日。タルトの幼稚園も昼までだったので、午後からエミフル松前に行ってみた。
天気も良いから、当然のように松前公園でたらふく遊んだあと、エミフルに。普段の日なので、お客さんも少なくて、貸し切りみたいなボールプール内で、たらふく遊んだよ♪